ホーム > 事例紹介 > 機能膜 > 電気部品製造装置の内部にある摺動部分へのDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コート

事例紹介 機能膜

電気部品製造装置の内部にある摺動部分へのDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コート

【お問い合わせ内容】

電気部品製造装置の内部にある摺動部分の摩擦抵抗を軽くしたいと問い合わせがありました。

摺動部分の基材はSUS+ハードクロムメッキで、摺動の相手材は樹脂部品です。
過去、お客様にて窒化処理等の表面処理をテストしましたが、使用するにつれて摺動抵抗が高くなり、短期間で効果が無くなりました。そこで、DLCを検討したいと問い合わせがありました。

提案内容

お問い合わせの内容に対して、弊社で加工しているDLC、MoST(二硫化モリブデンと金属の複合膜)の特徴を説明し、それに納得され試作を行いました。

その後、基材(SUS+ハードクロムメッキ)にDLCコートした試作品を提出し、現在お客様にて実機を用いてテストを行って頂いております。

結果

評価の途中結果としては、摺動抵抗が軽くなり安定しているとコメントを頂きました。

お問合せはこちら