ホーム > 用途別一覧 > 光学フィルター > UVハードコート

用途別一覧

UVハードコート

 

UV(紫外線)硬化型ハードコーティングとは、紫外線硬化型塗料を用いてプラスチック製品の表面に加飾し、外観を向上させるだけでなく、耐擦傷性、耐摩耗性などの機能や性能を向上させるコーティングです。
シリコーン系ハードコーティングに比べ、硬化時間が短いため生産性が高く、処理コストも低減することが出来ます。

また、硬化方法も紫外線を利用するため処理温度が低く、プラスチック製品の変形は起こしません。
製品に対して塗料をスプレーコートするため、三次元形状に処理可能なだけでなく、真空蒸着やスパッタリングなどの金属的外観を与えるための、メタライズ加工との組み合わせも行えます。

photo11
UVハードコーティングを行った化粧品容器

特徴

  • 鉛筆硬度で3H以上の硬さ。
  • スチールウールでも傷つきにくい。
  • アルミ蒸着と組み合わせると金属的外観を出すことが可能。
  • 艶消し調やパール調など、簡単に付加的な加飾をすることが可能。
  • 紫外線による硬化のため硬化時間が短く、生産性に優れる。

用途

携帯電話筐体、化粧品容器、弱電製品外装部、自動車外装部品、光学部品など

お問合せはこちら